道明寺楓〜鉄の女11

ハナは楓を起こしに行き、ベットの上に書き置きをみつけた

ハナ「1日だけ・・・楓様!!」

1日だけ好きにさせてくれ、置き手紙にはそう書かれていた。それを読むや否やハナは部屋を飛び出して行った

ハナ「他 ...

続きを読む

道明寺楓〜鉄の女12

楓「あ、そういえばあなた名前は?」

男性に腕を引っ張られている楓は走りながら名前を聞く

男性「ああ〜俺はね〜太陽(たいよう)っていうんだ」

楓「たいようさん?」

太陽「そう、太陽!なんの ...

続きを読む

道明寺楓~鉄の女13

楓「・・・ハナ、心配してるわよね」

楓はハナのことを思い出していた

楓「今日だけでいいの、好きにさせてほしい・・・学校では遠巻きに囁かれ、仕事では後継者としてふさわしくないといろいろと言われされている、私だって ...

続きを読む

道明寺楓~鉄の女14

☆☆☆☆

楓は重い緑の扉を押し開く

楓「お手洗いにしてはしっかりした扉ね…」

重たい扉を開いて目に飛び込んできた光景は大きな椅子と小さな庭園だった

楓「こんなところに中庭があるの?!」 ...

続きを読む

道明寺楓~鉄の女15

セイ「少しは落ち着いた?」

楓「・・・・・・」

セイの言葉に顔をあげる楓

セイ「それだけ泣ける元気があるなら君は大丈夫だよ」

セイはそう言うと、優しく楓の頭をぽんぽんと撫でる ...

続きを読む

道明寺楓~鉄の女16

太陽の言葉に呆れているセイにバツの悪そうな太陽

太陽「そんな睨むことないじゃんかよ…」

太陽はそう言うと、ふてくされたような顔をしてぶつくさいいながら楓がまだ手をつけていないおひたしを口に運ぶ

太陽 ...

続きを読む

道明寺楓~鉄の女17

楓「あなたたちは、何者なの?」

楓の問いに太陽とセイが楓のほうへと身体を向けた

太陽「俺たちは…」

セイ「…」

太陽が何かを言いかけてセイのほうを見る

セイ「はぁ…」 ...

続きを読む

道明寺楓~鉄の女18

楓「せっかくの料理、ごめんなさい」

セイがいなくなったあと、楓は太陽に謝った

太陽「俺のほうこそごめんな。結構料理うまくなったと思ったんだけど。全然だった」

太陽はそう言って笑い飛ばす

...

続きを読む

道明寺楓~鉄の女19

太陽は仕方がないといった感じに説明をはじめる

太陽「俺たちはさ、俺たちの父親についてここにきたんだよ、というか連れてこられた」

楓「ここには初めて来たの?」

楓はセイが造ったと言っていた庭園を思い出 ...

続きを読む

道明寺楓~鉄の女20

太陽「だめだ、隠れないと・・・」

楓と太陽は急いで部屋を出るが、もう足音はかなり近くまできていた

太陽は急いであの緑の扉を開けた

楓「そこの部屋は…」

太陽はいきおいよく開け、セイの造っ ...

続きを読む

最新記事

シリーズ

ブログ村