偽りの秋桜

道明寺司、花沢類、西門総二郎、美作あきら

 

この4人と仲良くなったのは、あたしにとって人生で一番ありえない事件だった

 

F4と呼ばれる彼らは、この英徳学園を牛耳っ ...

続きを読む

偽りの秋桜2

類に花びらをとってもらったあと、無言の時間が訪れた

 

その時間に耐えられなくなったつくしのほうが先に類へと話しかける

 

つくし「あの…さ」

  ...

続きを読む

偽りの秋桜3

日常に戻ったつくし

 

いつもと変わらない英徳学園での生活

 

けれどF4のダンスパーティに出たことで、つくしのことを目の敵にする女生徒たちも現れていた

...

続きを読む

偽りの秋桜4

優しく笑う類の姿に思わず見惚れてしまいそうになるつくし

 

つくし「あ、あのさ」

 

つくしは何かを決意したような表情で唇をきゅっと強く噛みしめながら話し出す ...

続きを読む

偽りの秋桜5

つくし「ごめんなさい!遅くなりました!!」

 

つくしが慌てて教室へと戻った時、すでに次の時間割の先生が教団に立っていた

 

先生「……」

  ...

続きを読む

偽りの秋桜6

つくし「う~~ん、落ち着くような、風が心地いいような…埃っぽいような?」

 

非常階段で花沢類の寝ている場所に寝そべってみたつくしは思わず感想を漏らす

 

つくし「よ ...

続きを読む

偽りの秋桜7

非常階段でそんなことがあった後、つくしと類にあまり接点もなくいくつかの季節を跨いだ

 

つくしは花沢類の事を助けたいと思ったがいいが、具体的に何か思い浮かぶこともなく

  ...

続きを読む

偽りの秋桜8

つくしと司が付き合い始めてしまったのだから、類にはもうどうすることもできなかった

 

大事な幼馴染の司、大好きなつくし

 

その二人が付き合うのであれば、何を波風立て ...

続きを読む

偽りの秋桜9

そして類とつくしが距離を縮めていったある日、つくしは思い立って司がいるNYへと旅立った

 

それを類は見送ったが……どうしても気になって類も後を追ったのだ

 

それは ...

続きを読む

最新記事

シリーズ

ブログ村