イタリアに降り立った楓、懐かしい異国の風を感じた

 

楓「すっかり変わっているようで…ここは、変わっていなかったのね」

 

イタリアの変わってしまった風景を楽しんでいた楓だが、学生の頃に住んだ別荘はまったく変わっていなかったことに安堵感を覚える

 

楓は色んな部屋をみてまわり、会談のある離れの館へと向かった

 

そう、そこはセイと太陽とはじめて出会った思い出の場所だった

 

西田「楓様、少し休憩を挟んでは…」

 

楓「休んでなんかられないわよ」

 

西田は楓の身体を心配しそう言ったが、楓は疲労感よりむしろ少し高揚感のほうが勝っていた

 

そして二人はあの館の前へとやってくる

 

楓「……意外と外観を忘れているものね」

 

学生の時にみた館はまるでホラー映画にでも出てくるようなイメージが強烈に残っていたが

 

今改めてみると、なんてことはないレンガ作りの可愛い洋館だった

 

楓は玄関を開け、館の中へと進む

 

ふと、あることを思い出し、西田にそこで待っているように告げて、楓はセイの庭があった場所へと向かった

 

心なしか少し足早になる楓、懐かしい扉を開くと、昔見た時より花が増えた素晴らしい庭園が広がっていたのだ

 

楓「………………」

 

日本にも咲いているその花を見ようと庭園へと無意識に足が出る

 

すると

 

セイ「勝手に入るなって言ったよね?」

 

突然の声に、驚き足が止まる楓

 

楓「まさか。。。。。。」

 

セイ「…………変わったと思ってたけど、君は案外変わってなかったね」

 

楓が部屋の声がした方を振り向くと、昔セイがいたその場所に、またセイがいたのだった

 

楓「セイ…………」

 

驚いた楓だったが、セイの姿を見て気が抜けたのか、少し涙ぐんでしまう

 

セイ「……多分今日は、太陽も来てるよ。無駄にいい天気すぎるし、さっき誰もいないのにキッチンで音がしたからね」

 

楓「…………」

 

セイは仕事で太陽のお葬式にはでていなかった

 

セイも相当辛く傷ついていたであろうことは容易に想像がついた

 

でも、今目の前のセイは笑っている

 

まるで太陽も一緒にここにいるんだよって、そう思ってくれと楓に訴えるかのようにそう言ったのだ

 

楓はセイの気持ちを受け取った

 

楓「ええ、そうね。じゃあ今日の会談では何かお手製の料理がでてくるかもしれないわね」

 

セイ「……胃薬、用意しなきゃな」

 

楓とセイは太陽の料理を思い出し、二人してさみしそうに笑うのだった

 

楓「ところでセイはなぜここに?」

 

楓の問いに呆れたようにため息をつくセイ

 

セイ「今日の会談の相手は俺だよ…書類に目も通さなかったのか?」

 

セイの言葉に楓はサーーっと青くなる

 

楓「……申し訳なかったわ…ちょっと色々混乱することがあって…」

 

セイ「世界の道明寺財閥の社長ともあろうものが、混乱くらいでそんなミスしちゃダメだろう」

 

楓「……ええ、次はないようにするわ」

 

セイ「……それでこそ、道明寺楓だ」

 

楓は申し訳なさそうに笑い、セイも皮肉交じりに楓にフォローをいれた

 

楓「……おそらく商談内容はあなたが開発したアレね」

 

セイ「さすが、書類に目を通してなくても理解は早い」

 

楓「…もう、あまりいじめないでちょうだい」

 

楓とセイはまた笑いあう

 

セイ「そう…その話だったけど、まあ俺の気持ちは商談成立でまとまってる。それよりも君にちょっとお願いしたいことがあったんだ」

 

楓「!!!それはとてもありがたいことだけれど…でもお願いって?」

 

セイのはじめてのお願いであろう内容に、楓に緊張が走る

 

セイ「少し準備が必要だから、ダイニングで待っててくれる?」

 

楓「??え、ええ、わかったわ」

 

セイはそう楓に伝えすぐに部屋をあとにした

 

楓はお願いの内容の検討がまったくつかず、終始頭を悩ませるのだった

 

楓「セイが私に…お願い事???」

 

そうして、イタリアで、楓にとって久しぶりな穏やかな時間が流れていったのだった

 


 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます(*’ω’*)

 

拍手にメッセージもありがとうございます( *´艸`)

 

星の観覧車へのメッセージが多く、類つく人気にびっくりしてますが

 

管理人の私も類の人間性が大好きだなあって思ってました(*’ω’*)

 

これからも頑張って更新を続けていきますので、暇つぶしにでも読んでくれたら嬉しいです(*^▽^*)

 

 

ランキング参加中です!応援お願いします!

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

道明寺 楓 ~ 鉄の女 一覧

シリーズ一覧

最新記事

シリーズ

ブログ村