優しくて穏やかな性格の光陽

 

この人となら…そう考えた楓は自分の中である決断を導き出した

 

楓「…光陽さんさえよろしければ、私は私たちの子を後継ぎにしたいです。もちろん、光陽さんのお身体のほうが大事ですが、無理のない程度で、考えてはいただけないでしょうか?」

 

光陽「え……」

 

思いがけない楓の言葉に光陽の表情が固まる

 

だがすぐに慌てたように光陽はこう返した

 

光陽「そんなことを女性に言わせてしまって…なんて私は不甲斐ない…こちらこそ、楓さんさえよければ、よろしくお願いします」

 

光陽のこの言葉に、楓は営業用の笑みを浮かべこう答えた

 

楓「こちらこそ、よろしくお願いします」

 

楓の笑みが営業用であること、光陽が見逃すわけもない

 

後継ぎを作る事、それは仕事なのだ

 

この日、二人は後継ぎを作るという契約を交わした

 

もちろん、道明寺当主の身体のこともある

 

当主亡き後の混乱を防ぎ為、後継ぎを作るのは当主亡き後と契約した二人だった

 

そしてこの契約後数日も立たずに、当主が倒れ入院したとの情報が二人の耳に入る

 

もちろん当主のそばに行こうとは思うが、当主が倒れたとなるとかわりに仕事ができるのはこの二人だけ

 

二人はすぐに当主のもとへと駆け付けることなど到底できない

 

やっと楓が当主の入院施設へと行けたのは、当主が亡くなる一週間前の事だった

 

楓「………」

 

楓がやっと会えた時、当主は色んな管に繋がれて、やせ細った姿でベットへと横たわっていた

 

ピッピッピと心電図の音がやけに部屋に響いていた

 

楓「……」

 

楓は当主の顔を眺め、もう当主は話すこともできないとわかる

 

楓「……あっけないものね」

 

楓はそうつぶやき、窓の外を見た

 

楓「……数百万の社員を抱え、TOPとして走り回っていても、最期は誰もいないベットの上で一人で亡くなるのよね」

 

楓は、父親の姿と楓の未来が重なって見えた

 

楓「……」

 

楓はそうつぶやいたあと、静かに椅子へと座り父親の手を握る

 

楓「……覚えている限り、はじめて触れたわね」

 

やせ細り管がつくその手は既に人の体温すらない

 

楓「………」

 

思えば、自分の父親もただの人間だったのだ

 

昔から続く道明寺一族、そのすべての責任を担い、一人走り回っていた自分の父親

 

今は自分もその立場ではあるが、同じ立場にたったからこそ

 

TOPゆえの孤独感、責任感、感情を理解できた

 

家族としては成り立たなかったかもしれない、でも尊敬できる人ではある、楓はそう思うのだった

 

楓「……お父様、長い間、お疲れさまでした。先にいって待っている母と、この世でできなかったことを、二人で楽しんで…」

 

そう楓が手を握りながら当主へ向けつぶやいたとき、かすかに手が動いた

 

楓「お、お父様?!」

 

当主「……」

 

もう動く力はないであろうその手が力強く動き、当主は自身の胸元に手をつっこみ手紙を取り出した

 

その手紙を楓の方へと渡し、目も開けず動いていた当主は疲れたのか、もう手すらもぴくりと動かない

 

手紙を渡された楓は、驚き何度か大きな声で当主を呼ぶ

 

だが、もう当主が反応することはなかった

 

楓「……お父様、私はもう仕事に戻らなくてはなりません。またここへ来ます」

 

手紙をその場で読みたかったが、もう遅れてはならない重要会議の時間もせまっていた

 

そのため、楓は当主にそう伝え、入口に控えていた西田とともにその場を去った

 

当主にも側近が付き添っていたが、楓が来ている間、その側近達は病院のロビーへと控えていた

 

楓がロビーに戻り、側近たちと楓が挨拶を交わす

 

そうしてその側近達にも見送られながら楓が去る

 

そしてその側近たちが部屋へと戻ってくるわずかな合間に、当主の心電図の音が止まった

 

もしかしたら楓に迷惑が掛からないよう、死ぬのすら、なんとか遅らせようと気力をふりしぼっていたのかもしれない

 

道明寺当主、父親としては最低だが、仕事では素晴らしい功績を残し、道明寺家を更に大きくし、新しい事業も次々と成功させていった男は

 

この日誰かがそばにいることもなく、一人、天へと還っていったのだった

 

父親としてなにひとつしてこなかった当主だが

 

最期に娘に会えた事が、本当はとても幸せだったのかもしれない

 

 


 

 

今日も読んでくださってありがとうございます(*^▽^*)

 

拍手とメッセージもありがとうございます♪

 

 

 

 

ランキング参加中です!応援お願いします!

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

道明寺 楓 ~ 鉄の女 一覧

シリーズ一覧

最新記事

シリーズ

ブログ村