人の縁とは不思議なもので、あたしの人生には絶対関わらないであろう人と、あたしは関わることになった

 

それはF4こと、花の四人組

 

四人とも言わずと知れた大財閥のおぼっちゃまたち

 

色んな事があってなぜか一般庶民のあたしなんかが気に入られてしまった

 

そして今日は12月30日

 

あたしはいつものようにバイトをして過ごそうと思ってたのに…

 

やっぱり一般庶民が関わっちゃいけない人たちだったんだよ…

 

 

今、牧野つくしはある車に目隠しされて乗せられていた

 

事件はこの日の朝に遡る

 

いつものようにバイトへと出発した牧野つくしは、黒ずくめの男たちに口を塞がれ拉致された

 

薄れゆく意識の中、牧野つくしは道明寺の姿が見えたような気がした

 

そうして牧野つくしはわけもわからないまま、車に乗せられ、もう数時間はたっている

 

口や眼を塞がれているせいで、つくしはここがどこかもわからなかった

 

車に乗せされている間、また何か変なものを飲まされたのか、次第につくしの意識は薄れていく

 

つくし「もう…いったい何なのよ…」

 

つくしはもうなすすべもなく、諦めモードだった

 

そうしてどれくらいたったのだろう

 

目が覚めた時、つくしはとても豪華なベットへと眠らされていた

 

つくし「ううん…ここは…」

 

司「目が覚めたか」

 

西門「やりすぎなんだよ、司は」

 

あきら「牧野、大丈夫か?」

 

ニヤニヤとした笑顔の司の周りに、心配そうにつくしのことを眺める西門と美作の姿が見える

 

つくしは驚きがばっといきおいよく起き上がった

 

つくし「え?!なにこれどこ?!ここ?!!っていうか…なんであたし着物なんて着てるの?!!」

 

つくしは自身の姿が着物姿に変わっていることに気づく

 

慌てて起きて部屋の鏡で確認すると、すっかりメイクされ、高そうな着物に身を包んだ自分の姿を確認した

 

つくし「…なんなのよこれ……っていうかものすごい怖かったんだけど!!!」

 

つくしは混乱する思考の中、これをやったのは司に違いないと司へと怒鳴る

 

司「庶民じゃ到底着る事のできねえ着物だよ、どうだ、嬉しいか?」

 

司がそうつくしに言ったとき

 

西門と美作があちゃ~~っというような表情を浮かべた

 

つくし「嬉しいなんてあるわけないでしょ!!!もう!!バイトだったんだから!!あたし帰る!!」

 

司「おい!!なんでだよ!!!」

 

つくしは怒りを収めることができない

 

それもそのはず、あれだけ怖い思いをしたのだから当然の反応でもあった

 

つくし「なんでもくそもないでしょ!!!突然こんなことされて喜ぶとでも思ってるの?!!」

 

つくしは尚も怒りをおさめることができず

 

司に腕を掴まれ引き留められればられるほど、つくしの火に油を注いでしまっていた

 

だが、こんな混乱をおさめたのは、やはり彼だった

 

類「牧野、司のこと、許してあげてよ」

 

つくし「…花沢類」

 

すっとよく通る爽やかな声の主は花沢類、F4の一人でつくしがひそかに片思いしている王子様だった

 

そんな相手にそう言われてしまうとつくしは一気に大人しくなってしまう

 

司「お前は、俺と類じゃ態度が違いすぎねえか?!」

 

つくしの態度に司が嫉妬をあらわにした

 

類「司も司だよ、こんなことして牧野連れてきたら牧野怖がるの当たり前じゃん。少しは反省したらどうなの?」

 

類に窘められ、司はバツが悪そうな顔をしている

 

司「…みんなで年越ししたかったんだよ…」

 

司の言葉につくしは吹き出した

 

つくし「年越ししたいからってこんなことしたの?!」

 

司はつくしに笑われ恥ずかしさを隠すために大声で喚き散らす

 

司「悪いかよ!!!」

 

司のすねた態度に、つくしは可愛いと少し感じてしまった

 

類「実はね、ここ京都なんだ」

 

つくし「え?!!京都?!!!」

 

つくしは類の言葉に窓の方へと走り出す

 

窓の外の景色は、類の言う通り京都の街並みが広がっていた

 

つくし「ほんとに…京都だ…」

 

そう、牧野つくしと、ある特別な年越しをするべく、F4は京都へとつくしを連れてきたのだ

 

F4が行う年越しは、牧野つくしとは違う特別なものでもあった

 

その参加者に選ばれるほど、牧野つくしはF4に気に入られていたのだった

 

 


 

 

今日は年末の特別読み切りになります~

 

二日か三日で終わりますので、ほかの連載を楽しみにしてらっしゃるかたは、少しだけお付き合いくださるとうれしいです(*’▽’)

 

よろしくお願いいたします( *´艸`)

ランキング参加中です!応援お願いします!

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

縁~enishi 一覧

シリーズ一覧

最新記事

シリーズ

ブログ村