F4が考えた対策

 

それは意外なところからはじまった

 

あの日、つくしがずたぼろにやられたにも関わらず、なにも仕返しができなかったF4

 

司だけじゃなく、それはほかの3人にとっても辛く、屈辱的な出来事でもあった

 

4人の仕返しは、知名度や人望をあげること

 

つくし「しんっじらんない…」

 

つくしは道明寺邸にもどり、いつもの部屋でいつものように用意された雑誌を開いた

 

雑誌の見出しはF4一色

 

それもそのはず、あの4人が一斉にメディアに進出したのだ

 

お金もある本物の御曹司でイケメンの4人があらわれ、アイドルや芸能人なんて足元にも及ばないくらい一瞬で爆発的な人気になった

 

現代の王子様がメディアに進出したのだから、日本人女性が黙っているわけもない、そしてその人気は一気に海外へと飛んだ

 

司は、道明寺家としてのインタビューが多かったのが、今回の進出でモデルを行うようになった

 

西門はその甘いマスクと声でお茶会のイベントを積極的に行い、本の執筆や俳優として活躍するようになり、あきらはファッションモデルやデザイナーまで請け負うようになった

 

類は積極的な活動はしなかったがたまにモデルとして雑誌に顔を出し、類が載る雑誌は今までみたことがない数字の売り上げになり、その売り上げの高さはいまも更新しつづけている

 

つくし「…あの4人が積極的にこういう活動するようになってまだ4ヶ月だよ?なのになによこれ、TVも雑誌もF4一色!!!アイドルじゃないからライブとかないのに…」

 

つくし「……あ…西園寺翼も載ってる…」

 

F4がのってる雑誌には翼も載っていた

 

つくし「…F4より記事は小さい」

 

つくしが見た通り、翼や輝の記事は今までと違い、小さめの記事と写真に変わっていた

 

マスコミは明らかにF4よりになっていた

 

それもそうだ、F4の一人を使用するだけで翼や輝の時を上回る視聴率や売り上げがあるのだから

 

つくし「……本当に、どんどん有名になってく…」

 

アイドルではないがグループ名のようにF4とマスコミにも呼ばれるようになり、とうとう日本中でF4の名を知らない者はいなくなる

 

そんな状況が面白くないのはもちろん翼と輝だった

 

翼「なんなんだよあいつら!!!!」

 

翼が雑誌を床に投げつける

 

輝「まあまあ」

 

翼「まあまあじゃねーーよ!!俺らがこの地位に上り詰めるまでどんだけ苦労したと思ってるんだ!!!」

 

確かに、翼と輝がメディアに進出したときは、まだ世間は厳しく御曹司のお遊びとして捉えられてしまい、ものすごく苦労したのだった

 

翼「俺らが作った土台があるからここまですぐ登れたんじゃねえか!!なのにあいつら…」

 

翼は自分の親指をぎりぎりと噛む

 

輝「…怒らせちゃいけない奴らだったってことだよ翼、これでわかったろ?あいつらに変につっかかるのやめろよ」

 

輝の言葉に翼は壁を殴り喚き散らした

 

翼「そもそもお前だって切れてただろ?真珠って言いだしたのもお前だし!!!」

 

輝「…あの時は翼が殴られたからね」

 

翼「ほら、お前も切れてんじゃん」

 

輝「だからといって司の婚約者にあそこまでしていいわけないだろ?」

 

翼「………」

 

輝の言葉に翼は何も答えない

 

そして翼はつくしにキスをしたことを輝にはいってなかった

 

翼「…そういや司とあの女、結婚したのかよ」

 

輝「…まだ籍いれてないみたいよ?」

 

翼「……」

 

翼はあきらかにそわそわとしはじめ様子が変だった

 

輝「翼、なんか変だよ?どうして司とあのこにこだわるんだ?」

 

翼「こだわってねえよ!!…ちっ…少し出かけてくる」

 

輝「おいどこ行くんだよ!!」

 

翼「…高いとこ!!」

 

輝「どこだよ…」

 

翼はそう言うと輝といた部屋を出ていった

 

翼「……なんであんな女にキスしたんだよ俺は…」

 

翼は自分で自分の行動がわからないようだった

 

翼「わけわかんねえと思ってたらあいつらがバンバンメディアにでてくるし…ほんっとイライラする」

 

翼は自分の車に乗り、目的もなく走り出す

 

途中、大きな交差点にはF4が並んだ大きな看板広告が飾ってあった

 

翼「なんであいつらはなにやっても順風満帆なんだ…金じゃなくてまっすぐ愛してくれる女までみつけて…」

 

そこまで言いかけた時、翼は自分の言動にハッとした

 

翼「……まさか俺は…」

 

翼は自分の奥底に隠された気持ちに気づく

 

だがそれを認めたくない翼は大胆な行動に出てしまった

 

翼「くっそ、もう一度あの女に会えばなんかすっきりするだろ」

 

翼は既に調査して場所も知っていたため、つくしがいる屋敷へと向かう事に決めたのだった

 

 


 

 

拍手にメッセージありがとうございます!!!

 

とても嬉しいです!!!

 

台風が去り、ねっとりとした暑さです…みなさまも熱中症に気をつけてくださいね(*´ω`)水分補給大事!

ランキング参加中です!応援お願いします!

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

花男ドラマ続編妄想 一覧

シリーズ一覧

最新記事

シリーズ

ブログ村