ボロボロの身体になりながらも、つくしは一生懸命修行を頑張っていた

 

西門にはぼろくそにやられ、あきらも手厳しく、類も淡々と怖い先生だった

 

つくし「あの三人……下手すると道明寺より怖いんじゃないだろうか…」

 

つくしは一日の終わりのお風呂に入りながらそんなことを思う

 

つくし「道明寺みたくこう…怒鳴ったり…馬鹿にしたりとかはないんだけど…なんていうかな…」

 

つくしはその日の様子を思い出す

 

西門の場合、舞を教えてもらってたつくしが踊る手順を間違えた時

 

西門「…」

 

つくし「いたっ…!」

 

西門「もう一度」

 

ペシンっと手を扇子で叩かれたつくし、だが西門の顔は一切変わらない真顔のまま

 

その様子がかえって怖く感じてしまうつくし

 

そして類がピアノを教えていたときの話

 

類「間違えたね、もっかいやろっか」

 

つくし「は、はい」

 

類「あ、そこも違うね」

 

つくし「ご、ごめんなさい」

 

類「ここ、楽譜読めてるかな」

 

つくし「なんとか…左手が思うように動かなくて…」

 

類「じゃあ、左手だけでもう一回」

 

つくし「はい…」

 

類は類で流れるような淡々とした喋りの教え方がつくしにとっては逆にプレッシャーになっていったようだった、ちなみにこの時も二人は全て英語で話している

 

あきらの場合は

 

あきら「あ~~~そんなんじゃ怪我するよ!ここをこう!!」

 

つくし「えい!!」

 

あきら「違う!ちゃんと見て!!!」

 

つくし「はいっ!!」

 

一生懸命やるがあきらに柔道で勝てるわけもなく、つくしは投げられっぱなしだった

 

あきら「…受け身はうまいんだけどな、どうしてそうなるのかな~」

 

つくし「うう…」

 

あきら「もっかい行くよ」

 

つくし「はい…」

 

あきらはあきらでいいところダメなところをハッキリと言ってくるタイプだった

 

総二郎や類と似ていて、怒ってはいないのだけど、プレッシャーになっていくような、そんな教え方につくしの身体だけじゃなく精神的にも限界に近くなっていた

 

つくし「うう……お風呂の温かさが身体に染み渡る…」

 

リラックスできるのはお風呂の中だけかもしれない、つくしはそんな風に考えながら、いつのまにか意識を失ってしまっているのだった

 

遠くから、つくしの名を呼ぶ声が聞こえてくる

 

タマ「つくし、つくし!」

 

つくし「ふえ?!」

 

タマ「ああ、やっと起きたのかい…湯あたりだよ!もう…何か食べてからお風呂に入りなさいって言ったのに若いもんはこれだから…」

 

つくし「タ、タマ先輩!!お、お久しぶりです!」

 

つくしが身体を起こそうとすると、タマが止めに入った

 

タマ「いいから寝てさない!はあ…ぼっちゃんにね、あんたの世話しに行ってくれって昨日の夜に頼まれたんだよ」

 

つくし「え、道明寺が?」

 

修行で忙しい中、司のお見舞いに行ってはいたが、覚えることが多すぎたため、つくしはもう三日ほど司の顔を病室まで見に行けていなかった

 

タマ「あんたもね、あのパーティーに招待されて大変なのはわかるよ、わかるけどね、ぼっちゃんの世話を放棄しちゃあいけないよ」

 

つくし「あ…」

 

いつもと違って厳しいタマの言葉につくしはチクンと胸が傷んだ

 

タマ「な~んてね、ほらなんて顔してんだい!まあ、ちょっとした意地悪さね…ぼっちゃんの所に今のあんたが何度も顔を出したらそれこそ騒ぎになるからね、行けないのに意地悪な事を言ったね」

 

つくし「……」

 

タマの言葉につくしはなぜか涙が流れてきてしまった

 

タマ「あらら、どうしたんだい」

 

つくし「……うう……」

 

タマ「あらら、子供みたいだねえ…ほらおいで」

 

つくし「タマせんぱい…」

 

つくしはタマに抱きしめられ、まるで子供の時のように大泣きした

 

タマが意地悪を言ったのは、つくしを泣かせてあげるためだったのかもしれない

 

つくしはタマの胸で、今まで我慢していた何かが弾けるように、何時間も泣き続けてしまった

 

そして、泣き疲れて眠ってしまったのだった

 

タマ「…赤ちゃんみたいだねえ」

 

つくし「‥‥…」

 

眠ったつくしの頭を母親のように優しく撫でるタマ

 

つくしとタマの様子を、あきらと総二郎と類は近くの部屋で黙って聞いていた

 

つくしにとって、めまぐるしく変わる日々の中で、やっと感情を吐き出した日だった

 

次の日の朝

 

目は腫れぼったいままだが、つくしの頭は凄くすっきりとしていた

 

つくし「……よし…頑張るぞ!!!」

 

つくしは一人で意気込み、顔を水で洗う

 

パーティーの日は、あと一週間半後に迫っているのだった

 


 

読んでくださってありがとうございます!

 

台風のあと、こちらは快晴になりました…でも夕方から寒くなります

 

気温の差が激しいので、みなさんも体調気をつけてくださいね

ランキング参加中です!応援お願いします!

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

花男ドラマ続編妄想 一覧

シリーズ一覧

最新記事

シリーズ

ブログ村