世間を騒がせた西園寺家の崩壊

 

そこからまだ日も浅い中、こんなニュースが流れ始めた

 

「道明寺財閥危機、西園寺家の二の舞か」

 

西門「……類の言ったとおりの展開だな」

 

美作「ああ、道明寺家の取引先は次々と輝の方に取られていってるらしい」

 

西門が大きな窓の前で外を見ながらため息をついた

 

西門「正直、大企業が一瞬で傾く可能性はあるっつってもそれはなかなかできることじゃないのにな」

 

美作「知ってるか?司の母ちゃんの側近に長年ついてたやつらもほぼ輝の家に引き抜かれたって」

 

西門「……」

 

西門は苛立ちをぶつけるかのように重いカーテンを力強く締めた

 

類「でも一番の問題は…」

 

類がちらっと部屋の隅に置いてあるTVを見ると、一日に何度も流れるニュースがまた写っている

 

そこには「牧野つくし、道明寺財閥から九条家に乗りかえか?!」

 

そしてそこに写っている映像は元牧野つくしの同級生たちの辛辣なインタビュー、牧野つくしが三条桜子にはめられ他の男とのベット写真を撮影されたあの事件まで蒸し返されていた

 

類「……」

 

類はぷつっとTVを切った

 

西門も類のため息につられるように深いため息をつく

 

西門「司もNYに行ったきりだしな」

 

美作「牧野の事、俺達だけでどうにかなんねえかな」

 

類「‥‥…」

 

三人の間に重苦しい空気が流れた

 

だがそのころ、捕まってたはずの牧野つくしは九条家の一室で叫んでいた

 

つくし「もうありえないっつーーーの!!!」

 

つくしはそう叫んだあと大きく息を吐きだした

 

どうやら九条家の部屋で何かを探しているようだった

 

つくし「なんなのよ!!あの男は!なにが!!ここを出て帰りたいなら全部屋を一人で完璧に掃除してみな!よ!」

 

つくしはどうやら輝とあるやり取りを交わしていたようだった

 

そしてつくしにも道明寺家危機のニュースは届いているようだった

 

つくし「しかも!!!道明寺の事もよ!!な~にが俺の弱点みつけてみろ!よ!!」

 

つくしはそう叫びながらも部屋の中で何かを探す手はとまらない

 

つくし「でもやらなくちゃ……期限はあと一週間、その間にあの男の弱点をみつけないと…でもあの男、ほんとにこの家に隠したの!?っていうか…弱点を隠すってなによ!?!!」

 

つくしはまたそういって探す手を止め叫ぶのだった

 

 

_____________________

 

 

もう読んでくださる読者様も離れてしまったとは思うのですが…こっそり更新です

 

長らく放置していて申し訳ありませんでした( ;_;)

 

 

 

 

 

 

ランキング参加中です!応援お願いします!

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

花男ドラマ続編妄想 一覧

シリーズ一覧

最新記事

シリーズ

ブログ村