司と類がなずなと輝の関係をちょうどそのころ

 

輝の緊急記者会見が大々的に発表され、もちろん司の携帯も鳴り響いた

 

楓「すぐに戻りなさい」

 

司「は?今こっちもそれどころじゃねえんだよ」

 

楓「こちらも九条家に関わる事です、一分一秒も争うのよ、早くしなさい」

 

司「おいばばあっ!」

 

司の返事を聞くこともなく楓が電話を切る

 

それと同時に病院の屋上には不似合いの黒服の男たちが司や類を囲んだ

 

司「なんなんだよ」

 

黒服「失礼します、司様」

 

司「ばばあの差し金かよ」

 

司は黒服に促されいやいやながらも戻るようだった

 

司「おい類!牧野の事、頼んだぞ!」

 

類「まかせて」

 

類の笑顔に司は安心したような笑顔を返した

 

次から次と巻き起こる事件は全て輝の家、九条家がおこしている

 

司はさっきなずなと輝の関係を知ったばかり

 

輝のなにがしたいかわからない状態に、いまはただ翻弄されるしかなかったのだった

 

 

数日後、道明寺家の一部屋にて

 

つくし「はあ、もう元気なのにな」

 

タマ「いけません、ちゃんと休みなさい」

 

つくし「せんぱ~い・・・そうはいうけどこうずっとベットの上じゃ身体なまっちゃうよ」

 

類「まあいいんじゃない?たまにはこんな風にゆっくりな日も」

 

つくし「う~~ん」

 

つくしの部屋には類やタマ先輩、それに美作あきらもくつろいでいた

 

つくし「な~んかおかしいんだよね」

 

類「ん?なにが?」

 

つくし「あれから道明寺に会えないし?」

 

類「それは何度もいったよね?司は仕事だって」

 

つくし「そ、そうだけど連絡もないし、なにより携帯も返してくれないし?」

 

あきら「そりゃあ牧野が夜更かししないようにでしょう、男に殴られて意識不明なってるんだから周囲が心配して当たり前だよ」

 

やれやれといった感じにあきらがつくしの顔をのぞきこむ

 

ベットの上のつくしがつまらなそうにバフっと枕に寝ころんだ

 

つくし「あ~~~動きたい動きたい動きたい」

 

じたばたじたばたと動くつくしを類とあきらが笑ってみてる

 

タマ「はしたない、おやめなさい」

 

タマだけが慌ててつくしの足を笑いながら困ったように抑えるのだった

 

司が連れていかれた日、つくしはすぐに自宅療養へと変更になった

 

道明寺家のお抱え医師がつくしを診る様になり、病院への入院ではなくなった

 

そして不自然なほどつくしを外界へと接触させない理由

 

それは

 

西門「いわば九条家、道明寺家の戦争のようなものか」

 

はあと長いため息をつく総二郎

 

西門の家と何か取引きをしてるらしい翼もちょうどその場にいた

 

翼「次のターゲットは俺じゃなく司ってわけだな」

 

西門「お前、なんか前よりとがった雰囲気なくなったね」

 

総二郎がそう言って不敵な笑みを浮かべた

 

翼もそれにつられるように笑顔で

 

翼「まあな、潰されてからやっとはじめて西園寺家を失いたくないって思ったからかもな」

 

西門「ふ~ん?」

 

翼「正直、前は西園寺家の仕事をこなして言われるままやる人形のような存在、でも今は輝のやつに壊されて、一心不乱に西園寺家のために走り回ってるとさ、ああ俺、ちゃんと西園寺家好きだったんだなって安心したっつーかさ」

 

西門「まあ、さすが何百年も続いてた西園寺家だよな、輝は壊したつもりかもしれねえけど、まだ根元は生きてる」

 

翼「根元が生きてりゃ、また花は咲くだろ?」

 

西門「ふっ、翼がそんなこというようになるなんてな」

 

翼「どういう意味だよ」

 

西門「司とそっくりで、いやそれ以上の野生児だったお前が一気に丸くなったからさ」

 

翼「今も昔も別に変ってねえと思うけどな」

 

西門「こんな風に茶を酌み交わしてる時点で変わってるよ」

 

翼「たしかにな」

 

2人は姿勢を崩さないまま、茶器に入ったお茶を飲みほした

 

翼がいったとおり、輝の次のターゲットは司だった

 

すでに取引先も九条家に引っ張って行かれていた道明寺家だったが、それだけではなかったようだ

 

楓がオーナーのホテルで各国の要人を招いていたのがすべて九条家のホテルへと変更になり

 

道明寺家がとりしきっていた重要な会合すらも九条家の手へ渡っていた

 

金銭的にダメージを負うだけじゃなく、信用問題にも関り、これでは元ある取引先もすべて九条家へ流れてしまう

 

実質、崩壊へのフラグがたったようなものだった

 

若くイケメンでいきおいのある九条家の輝にメディアも沸き立ち、司のように後ろ暗い過去もない

 

そしてもともと翼と一緒にモデルもやっていたため、輝はメディアへの露出も積極的に行っていった

 

幼馴染を裏切った人と世間は思わずに、うまい具合に情報操作がされていて危機的状況だった幼馴染の家を救っているヒーローだと世間は思い込んでいる

輝は日本人の女性にとって憧れの王子様のような存在になり一気に知名度も挙げていくのだった

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今日も読んでくださってありがとうございました!

ランキング参加中です!応援お願いします!

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

花男ドラマ続編妄想 一覧

シリーズ一覧

最新記事

シリーズ

ブログ村