酔いの手助けもあり、三度目の長い長いキスをつくしにした類

 

さすがのつくしも、唇が離れた後に言葉を失っていた

 

つくし「……」

 

泣きそうな目でつくしが類から目をそらしている

 

類「…司がこんな時に卑怯なな奴だって思った?」

 

類の問いに、つくしは首をよこにふった

 

つくし「ううん、花沢類の好意に甘えきってた私が悪いの…ごめんなさい」

 

つくしの胸が軋む、その傷みは確かに類のことを想っての傷みだった

 

類「……ねえ牧野、俺じゃ、だめかな?」

 

つくしのことを押し倒したまま、類がそうささやいた

 

つくし「……ごめん、花沢類、私、混乱しちゃって…道明寺がこんなになって凄い辛いのに、もしこれが花沢類だったらってさっきちょっと考えちゃって、そうしたらなんか今まで考えてた何かが崩れたような、わけわかんない感情が押し寄せてて、ごめん、少しだけ…ひとりになってもいい?」

 

つくしが顔を覆いながら必死にそうお願いをする

 

だが、類はあきらに言われた【落ち着かせる時間を作るな】という言葉を思い出した

 

類「……」

 

でも、目の前には今にも泣きだしそうに少し震えたつくしの姿があった

 

類はつくしのその姿に少しだけ、酔いが冷め、理性が戻る

 

類「牧野はさ、俺がこうやって押し倒しても、キスをしても、困るか泣くかだけなんだよね」

 

類はそう言って、つくしから身体を離した

 

つくし「え?」

 

突然の類の落ち着いた冷静な声に、つくしは顔を覆っていた手を離す

 

類「ほら、顔は真っ赤になってくれるけどさ…全然笑ってくれてないんだ、ずっと困ったような表情してるの」

 

つくし「…真っ赤って…」

 

つくしは類にそう指摘されて、余計に顔に熱を感じた

 

類「……司の時と、やっぱ全然違うんだよね」

 

つくし「…??」

 

類はその時、未来の観覧車の中から見た、つくしの表情を思い出していた

 

おそらく司にキスされたであろうつくしの顔は、今のように真っ赤な顔していた

 

だが、眼はうるみ、口元も口角が上がり、凄く幸せそうにうつむいて黙って微笑んでいるつくしの表情

 

類「…やっぱ俺には無理なのかな、牧野にあんな表情をさせるの」

 

つくし「????、な、なにいってるのかちょっとわかんないよ…」

 

類が何かを納得したかのように、淡々とした語り口調でそう話続け

 

つくしはそれにまったくついていけなかった

 

そして類は、キスしてごめんねと謝り、酔っちゃったから今日はここにもう一泊しよう、明日に一緒に帰ろうと

 

いつもの花沢類に戻り、つくしに優しく微笑んでそう告げたのだった

 

つくしもそんな花沢類の姿にほっとしたのか、そのまま二人はまるで何事もなかったかのように、また一日が終わってまったのだった

 

でも、実はこの時が、花沢類の運命の分岐点だった

 

酔いのおかげで素直になったことで

 

この先の二人の未来が大きく変わっていくことになる

 


 

 

今日も読んでくださってありがとうございました(*´ω`)

 

そしてメリークリスマスイブ!みなさまにとって素敵なクリスマスになりますように( *´艸`)

 

 

ランキング参加中です!応援お願いします!

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

星の観覧車 一覧

シリーズ一覧