そんな話をしながらつくしは無事に家まで送ってもらった

 

つくしの頭の中は、いつまでもはっきりしない自分の態度に嫌気がさしてもいたのだ

 

つくし「……道明寺と話すっていって、もう何週間もたって…それなのに花沢類はすっごく優しくて…あたしなにやってるんだろ」

 

類が優しければ優しい程、つくしは自分のダメさを自覚してしまう

 

つくし「……こんなんじゃだめだ、決めた、明日話す」

 

つくしはそう決めるのだった

 

つくし「でも、道明寺はあたしの電話に出ないし…どうやって会えば…あっ!!そうだ!!」

 

もう夜も遅いがつくしは今動かないと後悔すると思い、意を決して西門へと電話をする

 

何回目かの着信音のあと、西門が電話に出た

 

西門「牧野?どうした?何か忘れ物でもしたか?」

 

つくし「こんな遅い時間にごめん…実は西門さんに折り入って相談がありまして…」

 

西門「???」

 

つくしは西門に、包み隠さず話した

 

類に告白されたこと、それにこたえたい事、道明寺への複雑な気持ちも、ちゃんと話したい事

 

西門は驚くこともせず、話を遮る事もなく、黙ってずっと聞いてくれていた

 

西門「わかった、明日だな?任せろ」

 

話を聞いた西門が二つ返事でこう返してくれたことに、つくしは少し驚いた

 

つくし「……責められるかと思った」

 

西門「どうして?」

 

つくし「……道明寺に花沢類…二人は幼馴染で大事な関係で…そんな二人と…」

 

つくしはどういってもいいかわからず、言葉が出てこない

 

はたから見れば彼氏を裏切って彼氏の幼馴染と付き合う非道な女なのだから仕方がないことでもあった

 

西門「違うだろ?酷いのは司、類と牧野がそうなったのは自然な流れだよ」

 

つくし「でも…」

 

西門「でもじゃない、悩むくらいなら類のことを好きって言うな、そこを恥じるように罪悪感持つことのほうが悪い」

 

西門の言葉につくしはハッとした

 

つくし「……西門さん、ありがとう」

 

西門「どういたしまして…っと明日牧野はちょうど学校休みだったよな?朝に迎えに行くから準備して待ってろ、司に会うのは俺がどうにかする」

 

つくし「うん、ありがとう、西門さん、お願いします」

 

西門「おうよ、それじゃあまたな」

 

つくし「うん、おやすみなさい」

 

そんな電話のやりとりのあと、つくしはなかなか寝付くことができなかった

 

今までの色んな思い出がつくしを襲う

 

つくし「赤札貼られて、F4といろいろあって…」

 

寝返りをうつつくしの脳裏に赤札時代のいじめが浮かんだ

 

つくし「ごみをかけられて男子生徒に襲われそうになって…ああ、そういえばあの時も花沢類に助けられたんだった」

 

つくしはその時の類を思い出しながら目を閉じた

 

類「やめなよ…いいから、失せろっていってんだよ」

 

つくしはその時の類が男子生徒に言った言葉も思い出す

 

つくし「英徳のみんな敵だって思ってた時だったからすっごく嬉しかった」

 

そして次に思い浮かんだのは類の笑顔だった

 

つくし「最初は冷たくて何考えてるかわからなかったのに、だんだん笑ってくれるようになったな」

 

そしてつくしは類からの「好きだよ」という言葉も思い出す

 

つくし「……」

 

つくしは顔を真っ赤にして布団の中にもぐりこんだ

 

つくし「あ~~~」

 

つくしは心の底からなんともいえない声がでてしまった

 

つくし「あんな素敵な人があたしを好きになってくれるなんて思わないじゃん…静さんとうまくいって、戻ってきたけど…それでもどこかでまだ花沢類は静さんが好きなんだって…あたしとのことは友達として仲良くしてくれてるんだって思ってた…」

 

けれどそれは類とちゃんと向き合っていない事実でもある

 

つくし「あたし…逃げてたんだ、この気持ちから…初恋だった花沢類への思いを…どうせ叶うことはないからって…友達って言葉使ってみないふりしてただけなんだ」

 

そのつくしの言葉通り、類が静と一緒に海外に行ったときにつくしが無意識に蓋をしてしまった類への恋心の蓋がまた開いた

 

そして今度は蓋を締めきれないほどの溢れ出す思いにかわってしまったことにつくしは気づく

 

つくし「道明寺のことも好きだったけど…きっとあたしはずっとどこかに花沢類への思いを隠し持ってたんだ…ちゃんと諦めれたって思ったけどぜんぜん…ぜんぜんそうじゃなかった」

 

そうしてつくしはこの日、布団の中で丸まりながら、溢れ出して爆発しそうな類への恋心を実感していくのだった

 


 

 

読んでくださってありがとうございます!!

 

台風凄かったですね(今も天気は悪いのですが)

 

 

ちゃんと準備はしたのですが、今回の被害の大きさにもっとちゃんとしっかり防災準備をしようと思った台風でした

ランキング参加中です!応援お願いします!

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

偽りの秋桜 一覧

シリーズ一覧

最新記事

シリーズ

ブログ村