偽りの秋桜69

静にバレンタインの日の事を包み隠さず話した

 

静はうんうんと話を遮る事もなく全て聞いていた

 

やっと話終わった時、つくしはチクンとした胸の痛みとホッとしたような安 ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想59

翼「あはは、そんなわけねえだろ、道明寺財閥だぞ?道明寺当主が行ってる事業とは少し違うものに手を出して成功させた。世界中にあるメープルホテルの経営者だ。政界にも顔がきく女だぞ?もともとその跡取り候補として司の嫁がなる予定だったから良い所 ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想58

翼「…すごかったよ、まるで会う人会う人全員からの視線で全身ずったずたに刺されてるかのようだった」

 

司「……はぁ」

 

翼「なんだよ」

  ...

続きを読む

偽りの秋桜68

静「実はね、このウサギ、類の家で飼っていたうさぎなのよ」

 

つくし「へえ~ウサギとか飼ってたんですね」

 

静「そうなの、類の家はわりと動物を飼う家でね、まあそれは ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想57

つくし「……うそでしょ…」

 

つくしの疑問は普通の家ならばもっともだったが、司達はそうじゃない

 

あきら「牧野の家みたいにいつも家族一緒なわけないだろ?」 ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想56

事故のあと、幾日かすぎたある日、西園寺家 82代目の当主 西園寺翼になった

 

翼はこの日から、西園寺家の全てを任されることとなった

 

けれど、あまりにも突然の出来 ...

続きを読む

偽りの秋桜67

空港に向かう途中、つくしはある一台のベンツに足を止められた

 

つくし「え…何…」

 

つくしが思わず後ずさりをするが、そのベンツの窓から顔を出したのは静だった ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想55

なずなのせいなのか?そう聞かれた翼は何もこたえることはなかった

 

司もあきらもつくしも、翼が落ち着くまで待とうと決める

 

だが、泣きながらも翼は再度立ち上がり、ま ...

続きを読む

偽りの秋桜66

ただただ夢中で走った

 

花沢類の家もいった

 

一緒に秋桜をみた公園も何度も走って探した

 

けれどどこにも類の姿はなく、つくしの ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想54

翼が拳をふりおろしたとき、その拳を司が止めた

 

翼「…ちっ」

 

司「…お前、ほんっとクズになったんだな」

 

翼「…なんだって? ...

続きを読む

最新記事

シリーズ

ブログ村