月より男子33

猫を追いかけるが猫の速さになかなか追いつくことができない

 

つくし「もーーほんとうにあとちょっとなのに!!!」

 

そして猫を追いかけてつくしはだいぶ遠くにきてしま ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想12

そしてしばらくはつくし以外は平和な日々が続いた

 

その間にいくつかパーティーはあったが、つくしは参加することはない

 

つくし「今日はマナー…」

&nb ...

続きを読む

偽りの秋桜23

類「…昨日はぐっすり寝れた?」

 

類が階段をおりつつつくしに声をかける

 

つくしは一生懸命風で乱れた前髪を整えつつ、類の顔を見れずに返事をかえした

& ...

続きを読む

月より男子32

そしてさあ魔女の元に向かおう、そう決めて2人は足を前に進めたが

 

つくし「ところで…なんで女将さんって何者?」

 

女将「いまさらかい!!」

  ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想11

あきらと西門がバツが悪そうな顔をしながら話し始めたのは

 

あの日、司達が知らない間におこった出来事だった

 

西門「…翼と輝と話したんだよ」

  ...

続きを読む

偽りの秋桜22

司を驚かせようとタイミングを見計らいつつ、滋は司の近くの死角に身を隠した

 

それに気づかないF4はカフェにあるソファにドカッと座る

 

司「……ここは全然かわってね ...

続きを読む

月より男子31

塔の上へと急いで登ったつくし

 

外が見える場所に身を乗り出しつつどこかに動いてる人がいないか目を凝らす

 

つくし「………あやしいものはなにもない……ルイはきっと魔 ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想10

パーティー会場ではつくしと司がお客につかまり、忙しそうにしている

 

翼や輝も何食わぬ顔で会場に戻っていた

 

F4もつくしも翼たちの様子を警戒しつつ、うまい具合に接 ...

続きを読む

偽りの秋桜21

朝、カーテンの隙間からの眩しい光に起こされたつくし

 

つくし「うう…ん」

 

うつらうつらしながらつくしはベット側に置いてある時計を手に取った

&nbs ...

続きを読む

月より男子30

死んだふりをしたつくしの上に重なるようにルイが覆いかぶさってくる

 

魔女「‥‥」

 

2人に近づく足音が聞こえ、ルイの身体が持ち上げられたような感覚をつくしは感じた ...

続きを読む

最新記事

シリーズ

ブログ村