偽りの秋桜42

屋上で類と語りあった日から一週間たった

 

つくしの誕生日にも類は会う予定だったが、司がこんなことになったために会うのをやめた二人

 

そして年を越えて新しい年になっ ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想30

あきら「さて、牧野」

 

つくし「…」

 

総二郎「隠してること、話してもらおうか?」

 

類「…」

  ...

続きを読む

偽りの秋桜41

病室にいる司は精密検査を受けた

 

けれどやはり脳にはどこにも異常はなく、一時的な記憶障害として様子をみることになる

 

司「‥‥なんでお前ら毎日くるんだよ、この女を ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想29

あきらの家についた4人は急いでノートパソコンを開いた

 

すると司と男子生徒のやり取りはやはり至る所で記事になり、世間はこの話題で持ちきりだった

 

司をかっこいいと ...

続きを読む

偽りの秋桜40

病院へ向かうと、西門とあきらが出迎えた

 

どうやら司は高い場所から落ちて頭をうち、意識を失ったようだった

 

つくし「高い場所って…」

  ...

続きを読む

月より男子47

司「なんだってんだよいったい」

 

腕の中で意識を失うあきらを見ながら司の額に汗が流れた

 

何度も何度も呼び掛けても答えることはなく、司が人を呼ぼうとした時、あきら ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想28

楓の対応にもやもやが残りつつも、つくしは少しだけほっとしていた

 

司の危機的状況の時に、楓が病院にあらわれる

 

司は愛されている、つくしはそう思うのだった ...

続きを読む

偽りの秋桜39

類に名前を呼ばれくすぐったいような恥ずかしさを感じていた

 

だんだんと類の唇が近づき、キスされそうになった瞬間、ヘリが大きく揺れた

 

つくし「!!」

...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想27

司はいまだに意識朦朧としていた

 

でも幸か不幸かその状態が、司に昔の記憶を呼び覚ます

 

あれは、中学校三年の頃

 

翼と輝と会え ...

続きを読む

偽りの秋桜38

手を繋ぐ、ただそれだけなのにどうしてこんなにも心臓がうるさくなるのだろうか

 

つくしはそんなことを考えていた

 

だんだんと緊張のせいもあって汗ばんでくる手が気にな ...

続きを読む

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 32

最新記事

シリーズ

ブログ村