偽りの秋桜37

総二郎とあきらが扉を勢いよく開けてクラッカーを弾けさせた

 

二人きりのところに来ていいのかよなどとからかいつつ、ディナーは結局部屋へと運ばれてきて4人で楽しいクリスマスパーティーがはじまった ...

続きを読む

月より男子46

美作(野)「…」

 

するどい司に野獣は何も言い返せなくなる

 

ここはつくしに聞いていた世界のようだということだけは野獣にはわかっていた

  ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想25

救急車に司は運ばれた

 

もちろんその病院にはつくしもバタバタとやってくる

 

報道陣が詰めかけたが、さすがに道明寺家側近や、F3の側近たちが蹴散らした

...

続きを読む

偽りの秋桜36

極度の緊張状態により、つくしからまったく言葉がでなくなってしまった

 

類「どうしたの?」

 

つくし「いや…」

 

助手席である一 ...

続きを読む

月より男子45

猫のもとへと野獣は走っていったがあることに気づく

 

野獣「…こんな姿ではすぐに逃げられてしまう」

 

野獣はそのことに気づいた瞬間、走る足が止まった

& ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想24

謝罪会見

 

周囲にいた人たちにもその言葉は聞こえ、会場内は一瞬静寂した

 

F4が壇上にのぼる足音が響く

 

司「…」 ...

続きを読む

偽りの秋桜35

家の前には花沢類の車が待っていた

 

否応なしにつくしの心臓は早くなる

 

つくしが車に近づくと、車に寄りかかっている類の姿が目に飛び込んできた

&nbs ...

続きを読む

月より男子44

野獣がそんなことを考えてるなどつくしにはわかるわけもなく

 

今日も何事もなく一日が終わった

 

野獣とつくしは少しだけ空気が悪くはなったものの、猫を探すためにあちこ ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想23

翼からのメッセージに司は飛び出そうとした

 

だが、道明寺家の玄関には今もなお、記者たちが待機している

 

下手に動くわけにもいかない

  ...

続きを読む

偽りの秋桜34

付き合い始めたはいいが、その日以来つくしも類もなかなか会う事ができなくなっていた

 

つくしはテスト期間に突入し、類は類で忙しかった

 

クリスマスまであと3日となっ ...

続きを読む

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 32

最新記事

シリーズ

ブログ村