花男ドラマ続編妄想37

スパルタな日々が続き、とうとうパーティー前日となったその日の昼

 

総二郎とあきらと類がつくしの元へとそろってやってきた

 

つくし「どうしたの?」

&n ...

続きを読む

偽りの秋桜48

つくしは何も知らずに、お風呂を堪能し、着替えも終わった

 

つくし「部屋に戻ろっと」

 

つくしはお風呂の部屋から飛び出し、いい香りをさせながら自室へと戻っている ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想36

ボロボロの身体になりながらも、つくしは一生懸命修行を頑張っていた

 

西門にはぼろくそにやられ、あきらも手厳しく、類も淡々と怖い先生だった

 

つくし「あの三人……下 ...

続きを読む

偽りの秋桜47

この三人が来て何もおきないわけがない

 

つくしの心に不安が積もるが、それを察した類がつくしの手を握ってくれた

 

つくし「あ…」

  ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想35

恐怖の花嫁修業、地獄の日々はすぐにスタートした

 

つくし「きょ、今日は西門先生ですか…」

 

すでにマナーや礼儀作法の先生はいたが、総二郎は着物の着方、着物を着たう ...

続きを読む

偽りの秋桜46

無意識の嫉妬、それに気づいたとしても、つくしはもう類と付き合っている

 

記憶が戻ったところで、もうつくしと司が復活する未来の可能性は0に近い

 

けれどそう思ってい ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想34

あのパーティーにつくしを招待する

 

その台詞から数日後、牧野つくしに一通の招待状が届いた

 

その招待状を持って西田が血相を変えて美作の家へとやってきた ...

続きを読む

偽りの秋桜45

船の中はまるでホテルのようだった、つくしはあまりの綺麗さに呆然と立ち尽くしてしまい、それまでつないでいた類の手を自然と離してしまった

 

煌びやかなインテリアの数々につくしの口は開きっぱなしだ ...

続きを読む

花男ドラマ続編妄想33

類が持っている写真の中の女の子は確かに牧野つくしにそっくりだった

 

その事を翼に聞く類に立ちはだかったのは輝だ

 

輝「いまさらそんな昔の記事ひっぱりだしてきて…い ...

続きを読む

偽りの秋桜44

退院祝いと称して滋は強引に事を進めていく

 

暴走した滋の事を止めるのはF3も不可能で、とうとう旅行日当日になった

 

そして当日の朝、やはり迎えにきた滋さんにより強 ...

続きを読む

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 34

最新記事

シリーズ

ブログ村