西門の屋敷につき、台所へと向かう

 

つくしは着物だったために、袖をまくることができずに困惑していた

 

つくし「あ~料理作るときだけ着替えてもいい?」

 

困ったようにそう笑って西門に聞くつくし

 

西門は、笑いながらこう答えた

 

西門「襷というものを知らないのか?…やってやろう」

 

つくし「へ?」

 

西門は何か紐のようなものを戸棚のような場所から取り出し、つくしの身体をぐいっと自分の方へと寄せた

 

つくし「わっ!え?なになになに?!」

 

慌てるつくしを気にも留めずに、手慣れた手つきで西門はつくしに襷をかける

 

つくし「…」

 

西門「よし、これでいいだろう…ん?どうした急に静かになったな?」

 

そう言いながらつくしの顔をのぞきこむと、なんとつくしは赤面していた

 

西門「…!」

 

つくしのその顔を見て、西門の心がざわつく

 

つくし「あっありがとう!さ、さっすが西門さん!!!着物なのに動きやすい~~」

 

つくしは照れ隠しから急に元気に動き出し、腕をぶんぶんと振り回し始める

 

西門「あ、ああ」

 

そんなつくしに対し、西門もいつものように冷静に答えれない

 

つくし「じゃあ、あたし作りますね!!猫が好きそうな料理!!」

 

西門「…出来上がるまで部屋の方にいる」

 

つくし「は~~い」

 

そんなやり取りの後、西門は部屋の方へと足を向けた

 

だが西門は自分に違和感を感じる

 

西門「……なんなんだ、この胸の違和感は…」

 

西門の部屋に向かう足が止まった

 

西門「…なぜかあいつと話していると時々心臓が跳ねる」

 

西門の頭の中にパッと牧野つくしの満面の笑顔が浮かんだ

 

西門「…なんであんな奴の顔なんか浮かぶんだ!!」

 

まるで自分の頭の中の思考を消そうとするように、西門は手をパッパッと降るように動かした

 

西門「ダメだ…落ち着かん…」

 

そんなことをしている間も、西門の心臓はいつもよりドキドキと高鳴り鼓動は早くなっている

 

そんな時、もう台所の方から良い香りがしてきた

 

西門「……良い香りだ」

 

西門は、部屋へと向かわずに、そのまま踵を翻した

 

そして西門はなんとなく、つくしに声はかけずに台所の戸の方からつくしの姿をのぞいた

 

鼻歌を歌いながら料理をするつくしの姿が目に入る

 

その姿を見た時、言葉に言い表せないような幸福感が西門の心に芽生えた

 

西門「……あいつも、かぐや姫のように、いつかあっちに帰るのか…?」

 

ふと、そんなことを改めて気づいた西門の心臓は、さっきの幸福感とは違い、嫌な音をたてて心臓が軋んだ

 

西門「……あいつを……帰したくない」

 

西門は、湧き上がるその自分の本音に、気づいてしまうのだった

 


 

今日も読んでくださってありがとうございます!!

 

拍手とメッセージもありがとうございます(*’▽’)

 

いつもメッセージ下さる方もいて、とても嬉しいです(*´ω`)おほめの言葉もあり、幸せです、嬉しいです、ありがとうございます!

ランキング参加中です!応援お願いします!

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

月より男子 一覧

シリーズ一覧

最新記事

シリーズ

ブログ村